東京女子流 アイドルっぽくないアイドル

東京女子流に関しては、2010年のデビュー曲「キラリ☆」以降2曲程度で飽きてしまい、それ以後、忘れ去っていた。デビュー当時、年齢未詳の小中学生で、ロリコン趣味でもないし、どういう鑑賞の仕方をすればいいか戸惑いもあった。

2010年と言えば、ももクロがブレイクしだした頃で、AKB全盛に風穴を開けるかのような勢いがあった。私は、ももクロとその後のももいろクローバーZに傾倒しだしたので、東京女子流のことはいつのまにか、忘却の彼方であった。

最近、ふとした偶然で、彼女らの最新ライブのプロモーション映像を観て、「ん?アイドルなのに、なんだこの声の伸びの良さは!?」驚きとともに、その歌声に引き込まれていった。小中学生だった彼女たちも、あっという間に色気のある立派な女子高生に成長していた。

You Tubeで彼女たちのMVを観ているうちに、すっかり傾倒してしまい、最新CDと最新ライブDVDを購入。
いい年こいて、東京女子流が関西に来たら、絶対観に行ってやる、とさえ思うようになった。

ももクロに嵌る中高年も多いと聞くが、ももクロはネタがそろそろ尽き出しているし、全員が大人になりすぎた感がある。女子流は、ももクロほどの強烈なキャラはないが、歌唱力の高さと、お嬢さんぽい清楚なルックスが魅力だ。ダンスパフォーマンスも、決してももクロに劣らない秀逸なものだ。

是非、あなたも東京女子流には注目してほしい。ファンになれとは言わないが。

◆Limited addiction(2011年8月、7枚目のシングル)

タグ:東京女子流
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。