SKE48の二人の美少女

SKE48って知っていますか?

たぶんAKB48なら知っていると思います。

コンビニに並んでいる雑誌を見渡せば、必ずどれかの表紙グラビアにAKB48のメンバーが掲載されていると思います。

テレビのコマーシャルでも、最近良く見かけますね。

SKE48は、そのAKB48の姉妹みたいなものです。後者が首都圏秋葉を中心に活動するように、前者は名古屋圏栄を中心に活動しています。

秋葉→AKBのように、栄→SKEなんですね。

そのSKE48の新曲「ごめんね、SUMMER」が最近発売になり、好評です。

女子高生の初々しさ、爽やかさがよく表現できていると思います。全編走るシーンが多いのですが、それがまた、若さと躍動感を感じさせてくれて、素晴らしい夏歌に仕上がっています。

この曲で、一気にSKE48のファンが増えそうです。

特に、CDジャケットにもなっている二人の松井(松井珠理奈松井玲奈)のファンが増えそうです。この二人は、先般のAKB48総選挙でも、10位と11位のランクインしている人気者です。

AKB48の上位者よりも、清純派で、アイドルらしいアイドルかもしれません。
(左が松井珠理奈、右が松井玲奈
  

SKE48 3rdシングル「ごめんね、SUMMER」


女性アイドルの新鮮な情報は>>>人気ブログランキング(芸能・音楽)

東京女子流vs スマイレージ vs ももクロ

今年はアイドル(グループ)戦国時代と呼ばれるように、多くの有望グループがデビューしています。

モー娘の所属するアップフロントエイジェンシーからは「スマイレージ」という平均年齢14.5歳の4人組が、スターダストプロモーションからは平均年齢15歳の「ももいろクローバー」という6人組が、そして、エーベックスから年齢未公開の5人組「東京女子流」が今年メジャーデビューを果たしています。

こうした若い、というか若すぎる、といってもいいガールズダンス&ボーカルグループがしのぎを削っている状況です。

オーソドックスなアイドル路線を行くスマイレージに対し、残り2つは変則的な路線でのプロモーション活動を行っているようにも思えます。


スマイレージも1万人の顔写真を集めるキャンペーンを行いましたが、ももいろクローバーは、AKB48の隣の劇場で月に数十回という異常な回数の公演を行ったり、CD購入者への触れ合いを強化したキャンペーンなどで、ファンを取り込み、東京女子流も月に2回のライブをこなすなど、各グループ壮絶な戦いを演じているようです。

AKB48のナンバーワンは不動とはいえ、新人アイドル達は、年末のレコード大賞や紅白出場を目指して激しい戦国時代が続きそうです。

デビュー曲を聴き比べてみると、東京女子流が音楽性で一歩ぬきんでているように感じました。

年齢非公開ですが、どうみても、小学生高学年か中学校1年生までにしか見えません。一般人には、ビジュアルでの抵抗感がありますが、ロリコンマニアの人にはたまらない魅力ではないかと思われます。



>>> 人気ブログランキング(芸能・音楽)

スマイレージで日本は元気を取り戻せ

不況に喘ぐ日本社会、その閉塞感を打破して、日本に元気と明るさを届けてくれるアイドルグループがデビューしました。

夢見る15歳(フィフティーン)」を歌うスマイレージです。

テンポのいい曲に、軽妙な振り付けがマッチして、テンションが上がる可愛いガールズポップスに仕上がっています。

スマイレージは、ハロープロジェクトの期待の新人ユニット。15歳の和田彩花前田憂佳福田花音と13歳の小川紗季のフレッシュな4人組。

学年で言うと、中ニ〜高一までですが、フィギュアのような細い綺麗な脚が魅力です。

今年のレコード大賞の新人賞候補になるのではないでしょうか。アイドル戦国時代と言われていますが、美少女ポップスではAKB48が今や人気絶頂ですが、スマイレージがアイドル人気の一角にどこまで食い込めるか、期待して見守りたいですね。



真梨邑ケイ 袋綴じグラビアの気になる中身

真梨邑ケイ(まりむらけい)といえば、正統派の美人ジャズシンガー。現在51歳ですが、ネットでエロ動画を探していたら、AVもどきに出演しているので驚きました。

2010年3月発売の「情事 Jyoji II 真梨邑ケイ [DVD]」ですが、相当凄いですね。

擬似か本番か、と話題を呼んでいるようですが、挿入しているようにしか見えません。男優に舐められていますし。張り形であれ、挿入はされているようです。

それにしても、51歳のおばさんとは思えない綺麗な体です。

4/26(月)発売の「アサヒ芸能」の袋綴じグラビアにも登場するらしいです。

基本的に、おばさんのヌードには引きますが、これは抜けます。若い人は、「お母さ〜ん、僕、出そう・・・」という感じでしょうが。

真梨邑ケイ(まりむらけい)ほどのトップシンガーが、こんなAVもどきに出演するのは、ショックですね。これはやりすぎです。恥ずかしくないんでしょうか。




真野恵里菜 ハロー!プロジェクト最終兵器

ハロー!プロジェクトの秘密兵器とか、最終兵器と呼ばれて期待が高まっている真野恵里菜ちゃん。

「極度に可愛い」道重さゆみに雰囲気が似ていますが、真野恵里菜ちゃんのほうがより純度の高いお嬢様アイドルです。

華奢な体型で中学生にも見えますが、もう18歳の立派な女性です。

ピアノの弾き語りができる希少なアイドルでもあります。

ハロプロといえば、モーニング娘。やBerryz工房、℃-uteなど、グループが普通ですが、真野恵里菜ちゃんは、ソロでがんばっています。

ただ、バックダンサーには、新人グループのスマイレージが付くことが多いようです。

Berryz工房 意外と大人の美少女集団

Berryz工房って、小学生集団かと思っていましたが、デビューしてからもう5,6年が経って、すっかり大人になりましたね。でも、一番人気のある菅谷梨沙子ちゃんなんか、まだ中学3年生じゃないのかな。

でも、とても中学生のカラダとは思えないですね。

125968.jpg



Berryz工房は、モー娘。の妹分という位置づけでデビューしましたが、もはやモー娘。の勢いがかつてほどなくなったので、その影響を受けていますね。

出している楽曲は、アップテンポで面白い曲が多いんですが、それほどヒットしていないのは残念ですね。

モー娘。の後継は、このBerryz工房C-uteだと思うのですが、私自身の好みはBerryz工房ですね。

しかし、検索されにくい名前です。ファンの間では、べり工とかべりっ娘、べリエとか呼ばれているようですが。

「付きあっているのに片思い」というこの曲、ノリノリなんですが、どうでしょうか。



<参考ブログ>
berryz工房(ベリーズ工房)とは?

ベリーズ工房 超可愛いんですけど、何か?

ハロプロオタクでないと、あまり知られていないのかもしれんせんが、berryz工房(ベリーズ工房)というユニットがありますよね。最近は、ハロプロもAKB48に押されているような気がしますが。。。7人組の美少女ユニットです。


【入荷予約】 Berryz工房 カレンダー 2010


デビューした当時は、小中学生の子供集団でした。そのハロプロキッズのメンバーが二つに分かれて、ベリーズ工房と、キュートになったんでしたね。

フットボールアワーの岩尾が熱狂的なファンらしいですが、彼曰く、「成長を楽しめるのが醍醐味」だそうです。

デビュー当時は、確かに、垢ぬけしていなくて、そこらへんの小学生みたいでしたが、5年経過し、今や平均年齢17歳くらいでしょうか。

ここまで可愛く、成長するんだな、と感嘆しました。どの子がどの名前なのかは実はよく分かりませんが、一応メンバーを列記しておきます。

清水佐紀(しみず さき、1991年11月22日 - )
嗣永桃子(つぐなが ももこ、1992年3月6日 - )
徳永千奈美(とくなが ちなみ、1992年5月22日 - )
須藤茉麻(すどう まあさ、1992年7月3日 - )
夏焼雅(なつやき みやび、1992年8月25日 - )
熊井友理奈(くまい ゆりな、1993年8月3日 - )
菅谷梨沙子(すがや りさこ、1994年4月4日 - )

あなたはどの子がタイプですか?私は、目の小さい子です。



女性アイドルの情報は、最新の人気ブログの記事から
>>>>人気ブログランキング

デビュー10周年で倉木麻衣が再整形!?

倉木麻衣の整形画像ビフォアアフターは有名ですが、今年デビュー10周年を迎えて、またまた整形したようですね。

【Aポイント付+メール便送料無料】倉木麻衣 / ALL MY BEST 【通常盤】 (CD)【J再来週発売】


倉木麻衣の出演している化粧品のCMを見て、誰だか最初分かりませんでした。

目と鼻を変えているようですね。他にも変わっているかもしれません。

確かに綺麗になりましたが、以前の倉木麻衣ではなく、モデルさんみたいですね。

あまり、顔を変えてほしくないと思いますね。美しい恋の歌を歌いながら、整形して、外見を偽っているのは矛盾ではないでしょうか。

整形した人が何度も整形を繰り返すのは、病気としか言えません。整形は失敗でない限り、一度きりにしてほしいですね。

マイケルみたく、顔面崩壊しても知りませんから。



旬の美女はここにいます。
→ 人気ブログランキング

イ・ジョンヒョンが今更マイブーム

員はイ・ジョンヒョンのCDを毎日聞いています。アップテンポなテクノ調の曲が多く、テンションが上がるので、ずっとステレオかけっぱなしです。


紅白歌合戦に彼女が出場したのは、2004年ですからもう5年も前です。黒いドレスでセクシー&リズミカルに踊りながら、小指にマイクを付けて歌う彼女の姿に魅せられてしまいました。

曲もいいですが、彼女のフィギュアのような細い肢体が魅力です。顔は、日本に来る前にだいぶ整形して、きつい表情からだいぶ柔らかな目元口元になっています。

紅白出場の後、TBSの日曜劇場「輪舞曲―RONDO―」にチェ・ジウと姉妹役で登場しましたが、BOAのような華々しい成功が収められずに、日本から撤退しました。

韓国では当時「テクノの女王」と呼ばれていましたが、今は、音楽面では中国で活躍しているそうです。

ドラマでは、2008年の『大王世宗(テワンセジョン)』で重要な役で登場しているようです。

アリアリ」は面白い曲ですね。


私が一番好きなのは「パックォ」ですね。これは日本語バージョンですね。「抱こう」って言ってますね。
http://www.youtube.com/watch?v=r_UZOWFz_SY

チェヨン 日本発の韓国女性シンガー

チェヨンという韓国の歌手がいます。なかなか美人でスタイルも抜群です。



見覚えありませんか。実は、日本の芸能界にいたんです。

日本で活動していた頃は、「ジニー・リー」という名前を使用していたようです。

バラエティ番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』で「ブランニュービスケッツ」、「ウルトラキャッツ」に参加して人気者となったようですが、覚えていますか? 10年は経っていませんが、だいぶん前の話ですね。

韓国では、2003年に歌手デビューして現在も活躍中です。チェヨンのこの曲はノリがいいですね。好きな曲です。「危険な演出」…確かに。



美少女の画像動画は>>>人気ブログランキング

<関連K-POP>
イ・ジョンヒョンが懐かしい 美しき日々のセナ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。